このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

FreeBSD 9-RELEASEをRoot on ZFSで自動インストールするスクリプト作ったよー

FreeBSDをRoot on ZFSでインストールするには多大なコマンド入力が必要で、超面倒&高確率でミスを犯すので自動インストールするシェルスクリプト作った。 FreeBSD 9-RELEASE用。8はシステムの展開方法が違うので、そのままじゃ使えない。むしろ、さくらのVPS(2G)用。VNCコンソールでちまちま設定するのが面倒だったので…。

パーティションサイズやcompressionの設定、loader.confの中身は激しく俺仕様なので、要修正。

起動メディアからインストーラを立ち上げたら「Shell」に落ちて、このスクリプトを/varあたりに置いて実行すれば完全自動でRoot on ZFSな環境が出来上がるよ! ユーザーやらタイムゾーンやらの設定は全くしてないので、次回起動時に適宜設定する方向で。

システムファイルを配布サイトから取ってくる関係上、ifconfigとroute add defaultだけは手入力が必要。あと、スクリプトをどうやってインストール環境に持ってくかって問題もあるが、Root on ZFSしようとする人なら自前でFTPサーバくらい用意出来るだろうって事で。

freebsd9-root-on-zfs-installer.sh
#!/bin/sh
# FreeBSD 9.1-RELEASE Root on ZFS Installer
 
# システムファイルの配布サイト
URL="ftp://150.65.7.130/pub/FreeBSD/releases/amd64/9.1-RELEASE/"
 
# RAMディスク設定
RAMDISK="/tmp"
RAMDISK_DEV="md1"
# インストールに必要なtxzが収まり、物理メモリが1GBちょい空く位の容量にする
RAMDISK_SIZE="512M"
 
# インストールファイルのダウンロード先
DISTDIR="$RAMDISK/dist"
DISTFILES="base.txz lib32.txz kernel.txz doc.txz ports.txz src.txz games.txz"
 
# インストール先ディスク
DISK="ada0"
# スワップパーティション名
SWAPNAME="-l swap"
# スワップサイズ
SWAPSIZE="-s 8G"
# データパーティション名
DATANAME="-l data"
# データボリュームサイズ
DATASIZE="-s 10G"
 
# ストレージプール名
ZPOOLNAME="zroot"
 
# インストール先ZFSファイルシステム
SYSROOT="$ZPOOLNAME/ROOT"
# 仮マウントポイントルート
MOUNTPOINT="/tmp/zfs"
# ストレージプールの代替マウントポイント
ALTROOT="$MOUNTPOINT/"
# インストール先フルパス
DESTDIR=$MOUNTPOINT/$SYSROOT
 
# ramdisk作り直し
echo 'Create ramdisk'
umount -f /dev/$RAMDISK_DEV
mdmfs -s $RAMDISK_SIZE $RAMDISK_DEV $RAMDISK
 
mkdir $MOUNTPOINT
 
# パーティション作成
echo 'Create partitions...'
sysctl kern.geom.debugflags=0x10
dd if=/dev/zero of=/dev/$DISK bs=1m count=100
 
gpart create -s gpt $DISK
gpart add -a 4k -s 64k -t freebsd-boot $DISK
gpart add -a 4k $SWAPSIZE -t freebsd-swap $SWAPNAME $DISK
gpart add -a 4k $DATASIZE -t freebsd-zfs $DATANAME $DISK
gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptzfsboot -i 1 $DISK
 
# 4kセクタでzpool作成
echo 'Create storage pool : ' $ZPOOLNAME
gnop create -S 4096 /dev/${DISK}p3
 
zpool create -R $ALTROOT -f $ZPOOLNAME /dev/${DISK}p3.nop
zpool export $ZPOOLNAME
 
gnop destroy /dev/${DISK}p3.nop
 
zpool import -R $ALTROOT $ZPOOLNAME
 
echo 'Create ZFS file systems'
zfs set checksum=fletcher4 zroot
 
zfs create -o normalization=formC $SYSROOT
 
zfs create $SYSROOT/usr
zfs create -o compression=gzip-9 $SYSROOT/usr/include
zfs create -o compression=gzip-9 $SYSROOT/usr/src
zfs create $SYSROOT/usr/home
cd $DESTDIR/; ln -s /usr/home home
cd /
 
zfs create -o compression=gzip-9 -o setuid=off $SYSROOT/usr/ports
zfs create -o compression=off -o exec=off -o setuid=off $SYSROOT/usr/ports/distfiles
zfs create -o compression=off -o exec=off -o setuid=off $SYSROOT/usr/ports/packages
 
zfs create -o compression=on $SYSROOT/var
zfs create -o exec=off -o setuid=off $SYSROOT/var/crash
zfs create -o exec=off -o setuid=off $SYSROOT/var/db
zfs create -o exec=on  -o setuid=off $SYSROOT/var/db/pkg
zfs create -o exec=off -o setuid=off $SYSROOT/var/empty
zfs create -o exec=off -o setuid=off $SYSROOT/var/log
zfs create -o exec=off -o setuid=off $SYSROOT/var/mail
zfs create -o exec=off -o setuid=off $SYSROOT/var/run
zfs create -o exec=on  -o setuid=off $SYSROOT/var/tmp
chmod 1777 $DESTDIR/var/tmp
 
zfs create -o exec=on  -o setuid=off $SYSROOT/tmp
chmod 1777 $DESTDIR/tmp
 
echo 'Set bootfs='$SYSROOT
zpool set bootfs=$SYSROOT $ZPOOLNAME
 
echo 'Create zpool.cache'
zpool export $ZPOOLNAME
zpool import -o cachefile=/tmp/zpool.cache -R $ALTROOT $ZPOOLNAME
 
echo 'Fetch system files'
mkdir $DISTDIR
cd $DISTDIR
for file in $DISTFILES
do
    fetch ${URL}$file
done
 
echo 'Install system files'
for file in $DISTFILES
do
    echo "  extract... ${file}"
    cat $file | tar --unlink -xpJf - -C ${DESTDIR:-/}
done
 
cp /tmp/zpool.cache $DESTDIR/boot/zfs/zpool.cache
 
LOADERCONF=$DESTDIR/boot/loader.conf
echo 'Create '$LOADERCONF
echo 'zfs_load="YES"' >> $LOADERCONF
echo 'vm.kmem_size="512M"' >> $LOADERCONF
echo 'vm.kmem_size_max="1024M"' >> $LOADERCONF
echo 'vfs.root.mountfrom="zfs:'$SYSROOT'"' >> $LOADERCONF
echo 'vfs.zfs.prefetch_disable="1"' >> $LOADERCONF
echo 'vfs.zfs.vdev.cache.size="10M"' >> $LOADERCONF
echo 'vfs.zfs.arc_max="128M"' >> $LOADERCONF
 
RCCONF=$DESTDIR/etc/rc.conf
echo 'Create '$RCCONF
echo 'zfs_enable="YES"' >> $RCCONF
 
# sshを有効にする(危険なので各種設定が終わったらルートログイン不許可にすること)
#echo 'sshd_enable="YES"' >> $RCCONF
#SSHCONF=$DESTDIR/etc/ssh/ssh_config
#echo 'PermitRootLogin yes' >> $SSHCONF
 
FSTAB=$DESTDIR/etc/fstab
echo 'Create '$FSTAB
echo '/dev/gpt/swap none swap sw 0 0' >> $FSTAB
 
echo 'Set mountpoints'
zfs set readonly=on $SYSROOT/var/empty
 
zfs umount -af
zfs set mountpoint=none $ZPOOLNAME
zfs set mountpoint=legacy $SYSROOT
zfs set mountpoint=/usr $SYSROOT/usr
zfs set mountpoint=/tmp $SYSROOT/tmp
zfs set mountpoint=/var $SYSROOT/var
 
echo 'Done.'

で、だ。自作スクリプトが完成した直後に、zfsinstallという、そのまんまの名前の高機能なインストーラの存在を知って涙目。

お、俺スクリプトの方が引数とかないし、か、簡単に使えるし(震え声)

Comments




blog/2013/2013-06-04.txt · 最終更新: 2015-01-06 11:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0