このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

VMware Fusion 6 Professionalにしてみた

VMware Fusion 6では最大16CPUに対応したとの事なので、VMware Fusion 4からアップグレードした。

これでうちの12コアMac Proで動画のエンコが捗る。

折角なのでx264 HD Benchmark 5.0.1でベンチマークしてみた。

マシンMac Pro (Early 2009)
CPUXeon L5640 (2.26GHz/6コア) × 2個
メモリDDR3-1333 ECC 4GB × 8 = 32GB (1066MHz動作)
OSOS X v10.8.5

仮想マシンはVMware Fusion 4ではCPU8個、VMware Fusion 6では8個と16個、メモリは全て8GBを割り当て。OSはBootCampパーティションのWindows 7 SP1で、環境は一緒。

同一条件で比べると、6の方が僅かに性能が良いようだ。16コア(と言っても物理12コア+論理4コアだけど)でもう少し伸びるかなーと思ったけど、それほどでもなかった。まぁ、OS X側にもリソース持ってかれてるからこんなものか。

Comments




blog/2013/2013-09-23.txt · 最終更新: 2015-01-06 11:51 (外部編集)
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0