このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

iTunesでファイルのリンクが切れた曲をリストアップする方法

マシン移行などでiTunesライブラリを移動した際、ファイル行方不明となり曲とのリンクが切れることがある。曲名の先頭にビックリマークが付く忌まわしきアレだ。

アルバム単位でごっそりリンク切れしてくれれば分かりやすいが、数万曲あるうちの数曲とかだと実に厄介だ。リンク切れ曲を一挙にリストアップする方法を探してたら、海外フォーラムで実に巧妙な方法が紹介されていた。困っている人のために画像付きでリストアップ方法を解説する。

1. 「ファイルがある曲」プレイリストを作り全曲追加

iTunesで「ファイル」>「新規」>「プレイリスト」で新規プレイリストを作る。名前は「ファイルがある曲」とでもしておく。

ライブラリの全曲を選択(iTunesの左の柱>ライブラリ>曲を選びCtrl+A (Command+A)が簡単)し、任意の曲の上で「右クリック」>「プレイリストに追加」>「ファイルがある曲」を選ぶ。

プレイリストへ曲を追加する際、iTunesは曲ファイルの存在チェックを行っているそうだ。したがって曲数に応じた時間がかかり、今回は全曲追加してるので結構待たされる。進捗状況表示はないが、終わればiTunesが操作できるようになるので、それまで辛抱強く待つ。

リンク切れファイルがあれば、ライブラリの曲数とプレイリストの曲数に差違が生じる。

2. 「ファイルがない曲」スマートプレイリストを作る

全曲入りプレイリストが出来たら、次は「ファイルがない曲」抽出用のスマートプレイリストを作る。

「ファイル」>「新規」>「スマートプレイリスト」を選び、以下の条件で「ファイルがない曲」リストを作る。


  • 次のルールに一致 → チェック
    • 対象メディア → ミュージック
  • 「プレイリストが」「ファイルがある曲」「ではない」
  • 上限 → チェックしない
  • チェックマークのある項目だけ選択する → チェックしない
  • ライブアップデート → チェック

3. リンク切れの曲を確認

「ファイルがない曲」スマートプレイリストに、リンク切れ曲が列挙されていることを確認する。

通常のプレイリストと違い、スマートプレイリストでは曲ファイルの存在チェックが行われない。実際に曲を再生するときにリンクの生存確認が行われるので、上図ではビックリマークの有無が混在している。

あとは地道に曲ファイルを選択していくだけ(´・ω・`)

Comments




blog/2019/2019-01-11.txt · 最終更新: 2019-01-11 13:15 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0