最近の変更サイトマップ

Windowsの記憶域階層な共有フォルダがプチフリする謎現象

Windows Storage Server 2016の記憶域階層上に作成したCIFSな共有フォルダに別マシンからファイルを書き込むと、途中で処理が止まったようになり、当該フォルダを開くのですら超絶時間が掛かるようになる問題に遭遇中。なんとなく、SSD層が一杯になったタイミングで発生してるような気がするけど、有効な解決策は未だ見つけられず…。

記憶域階層は以下のような構成。

  • SSD層
    • Intel DC S3500 240GB×2 (RAID-0)
  • HDD層
    • 8TB 7200RPM SATA×6(HDD×2のミラーリングが3セットのRAID-10)

いずれもハードウェアRAIDカードで仮想ドライブになってるので、記憶域からはSSDとHDDが1台ずつ見えてる感じ(ま、この構成自体がそもそも非推奨なんだけど。)

そこに1KB~4GBの96ファイル計25.2GBをコピーすると、最初は順調なのに途中でパタリと処理が止まる。タスクマネージャを見ると「記憶域階層管理」なるものが動いているので、おそらくSSDが一杯になってHDDへのデータ移動が行われているのだろう。

でもって、リソースモニタでディスクの状態を見てみると、処理対象のファイルの応答時間がなんと1000ミリ秒を超えているじゃーありませんか。キューもめっちゃ溜まってるし(順調に処理が行われてる時は1未満。多くても3~4ってとこ。)データ移動待ちにしては、流石にレイテンシ長すぎじゃないですかね…。

実際の操作感としては、SSDに一定の空きができるまでファイルI/Oがブロックされてるような感じ。MSの中の人によれば、SSD層が一杯になるとIOPSが劇的に下がる──といってもHDD層相当の性能は出るんだけど(記事中のTest Case 1: Write to Used Storage Spaceらへん)、処理が完全に止まってしまうような感じになならなさそう。

ネットに上がってる記憶域階層の使用例は殆どがHyper-Vがらみなので、ファイルサーバ向けに記憶域階層を使うってのがそもそもの間違いなのかしら?そうは言っても、使用頻度の高いデータをSSD層において高速化するって場面は、FSでもふつーにありそうな感じがするんだけどなぁ…。

Sambaだと大量のファイルの扱いに難あり、ってところからCIFSの純正実装なら安心だろうってことでWindows Serverを選択したのに、トホホですよ本当。僕たちの調査の旅はこれからだ…!

(2018-08-16 追記)

何の役にも立たないと(僕の中で)名高いMSKKのフォーラムに同様の報告があった→記憶域スペースで階層化構築時における急激なパフォーマンス低下について。いつものごとく箸にも棒にもかからない回答で乾いた笑いしか出ないわけですが。

Comments




blog/2018/2018-07-27.1532668260.txt.gz · 最終更新: 2018-07-27 14:11 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0