最近の変更サイトマップ

ドリキャス発売20周年なのでスクールネットエクスペリメンタルについて書いてみる

今日はセガの最後にして愛すべき家庭用ゲーム機、Dreamcastの発売20周年記念日だそうだ。ちょうどいい機会なので、いつか書こう思いつつ手付かずだった「スクールネット・エクスペリメンタル」について書いてみようと思う。

まず初めに。
このソフトを持ってる人、店売りで値段付かなかったからって処分しちゃ駄目だよ!
極めて貴重なソフトなので後生大事にするか、しかるべき人に譲渡してください。

スクールネット・エクスペリメンタルは、2000年に実施されたインターネットとドリームキャストを用いて家庭と学校を繋ぐ、という趣旨の実証実験および、実験用ソフトのことである。全国10校の小・中学校が参加したらしい。ドリキャス界隈では、まさに知る人ぞ知る幻のソフトとして、その名を見ることができる。インターネット上には数えるほどしか情報がなく、レアすぎて価値がつかない代物である。この記事によってソフトの価値が暴騰するのは本意ではないが、このままでは失われた歴史になりかねない。よって、幸運にも実験に参加出来た者として、いちゲーマーとして、そしていちゲーム開発者として、当時のことを記したい。

我が中学校(以下、我中)でスクールネット・エクスペリメンタルが実施されたのは、おそらく2000年のことである。記憶が大分曖昧で2001年だったような気もするが、現存するネット記事を信じるなら2000年のようだ。DC版サクラ大戦(2000年5月25日発売)を先んじて予約購入し、DCが来る日を待ち望んでいたのは鮮明に覚えている。実のところ、自分は既に高校に進んでおり、まだ我中生の妹の世代が対象だった。

我中は1学年160~80人ほどの規模なので、配布数は教職員含め600台(枚)程度と考えられる。その他関係者含めても、ソフトの生産数は1000枚はないんじゃないかなー。ちなみにGD-ROMはちゃんとプレスされてるヤツ。当時の生徒へのツテがあれば、ソフトの入手は比較的容易だろう(そのツテが難易度高いわけだけど…)。

同年春ごろ、我中卒業生の間で「我中の全生徒にドリキャスが配られるらしい」という噂がにわかに立った。その後の経過は覚えてないが、噂がほぼ確実となって、ゲーマーとしてはまさに棚からぼた餅状態。当時は「なんで我中が!?」と思ったのだが、今にしてみればIT教育推進モデル校的な指定を受けていたのだろう。自分の在校時にも、視聴覚室が突如リニューアルされi386な黒TownsからPentium II 266MHz搭載の最新鋭FMV+ネットへの常時接続(恐らくISDN)&LAN環境が導入され、時の内閣総理大臣橋本龍太郎氏とビデオチャットするなんてイベントが催されたっけ。(余談だけど、同学年に総理と同性同名のヤツがいて橋龍と橋竜の奇跡の対談だー!とかバカなことを言ってた。)

ドリキャスが配布されたのは確か夏前で、もしかすると夏休みに入るタイミング。保護者説明会から戻ってきた親の手には

  • ドリームキャスト本体
  • ドリームキャストキーボード
  • スクールネット・エクスペリメンタル
  • isao.netアカウント情報

が入った大きな紙袋が…!スクールネットへの接続もそこそこに、待ちに待ったサクラ大戦専用機化したのは言うまでもない。夏休み中は笑っていいともを見てからのサクラ大戦三昧の日々だった。

肝心のスクールネット・エクスペリメンタルの方はと言うと、ソフトの中身は恐らくドリームパスポートのカスタム版で、何度かお知らせメールが来たり、BBSへの掲載があった程度だったと思う。お世辞にも活用されていたとは言えない。まぁ、当時のネット事情を考えれば、それもやむ無しというか成るべくして成ったというか…。当時の一般家庭のIT環境は、PCがアーリーアダプタの域を抜け1家に1台になろうとしていた感じ。地方都市にもADSLが普及し始め、古くからのネットユーザーはテレホタイムからの開放・常時接続・高速性に狂喜乱舞する一方で、一般的にはインターネット?なんじゃそりゃ?という時代である。検索エンジンはディレクトリ型のYahoo、ロボット型のInfoseek、ぁゃιぃ海外サイトならAltaVistaを使い分け、ときにはFTP検索も駆使し、Googleなるものが凄いらしいと評判になっていた。

こんな感じであるからして、PCより簡単とはいえ、DCでのネット接続もそれなりにハードルが高かった。自発的にスクールネットへダイヤルアップ接続し、情報を取得しなきゃならないんだから、保護者世代にはなかなか難しかったのではなかろうか。各家庭へサポート部隊の派遣があったわけでもないので、一度も繋ぐことなく、ただのゲーム機化した家庭も少なくないと思う(下手すりゃ売られて親の懐に入った可能性も…)

かく言ううちでも、使うのは自分だけ。今だから言えるけど、isao.netのアカウントもPCでネットするのに使ってた笑。

そんなこんなで、実証実験は知らぬ間に終わり(なんか学校からプリントが来たような…スクールネット上でも告知があったような……)、晴れてDC一式が自分のゲームコレクションに加わったのだった。

その後、今はなきGAMES'ARKでVGAデミロを購入し、美麗な出力でサクラ大戦2~4を遊び、クレイジータクシーで笑い転げ、連ジとJET SET RADIOにドハマりしてた。連ジはPS2版よりジャギーが少なくてキレイだったなぁ(遠い目。MIL-CDやネオジオポケットの通信ケーブルを使ったアレやコレやからのブロードバンドアダプタ購入など、ドリキャスでは一通り遊ばせてもらったし、本当にいい思い出。

ありがとう、スクールネット・エクスペリメンタル…!

関連情報

北米版宮崎駿作品集BD-BOXの偽物が出回っているらしい

英語勉強のために宮崎駿作品集の北米版Blu-ray BOX「The Collected Works of Hayao Miyazaki」を買おうとしてるんだけど、どうも大量の海賊版が出回っているようだ。eBayは元よりメルカリやAmazon.co.jpでも“未開封新品”が販売されている。

正規品は2015年11月17日発売で、Amazon.com専売商品として希望小売価格249.99ドルで販売されていたらしい。当然ながら既に在庫はなく、日本国内から北米正規品を買うのはかなり困難だと思われる。2018年9月現在、12000円前後で新品未開封として販売されているものは、全て偽物と考えてよいだろう。

reddit解説動画によれば偽物の見分け方は結構簡単で、以下の部分に着目すれば良いそうだ。

  1. パッケージを囲んでいる映画フィルム装飾が宮崎監督キャラ(ブタのやつ)に被っていたら偽物
    • 本物はTHE COLLECTED〜の題字の真下に来るようになっている。
  2. 未開封パッケージ裏面に同フィルム装飾が見えたら偽物
    • 本物はボックスカバー紙(CDの帯カバー的なやつ)の下を通ってるので、見えるはずがない。
  3. 内側のディスク収納ケースが外側ボックスの中央に格納されていたら偽物
    • 本物はブックレットの厚みの分、左寄りになっている。
  4. 偽物はディスクの収納が雑。ディスク保護のビニールがはみ出している。
    • 本物はきちんとケース内に収まっている。

他にもシュリンクラップ(商品を覆ってるビニール)の形状が違うとか印刷物の色味が違うとかあるみたいだが、上記の特徴がわかれば十分かと。文字で説明すると何のこっちゃだが、映像を見れば一目瞭然なので、上記サイトの一読をオススメします。

ジブリの北米版Blu-rayは正規版が単品16ドル程で買えるので、微妙な値段で海賊版を掴まされないように気をつけよう!

参考サイト

初期型PS4 (CUH-1000)とPS4 Pro (CUH-7000)の消費電力比較

ひょんな事からPlayStation(R) 4 Pro (CUH-7000)に買い替えることになったので、発売日に買った初期型PlayStation(R) 4 (CUH-1000)との消費電力を比較してみる。ブーストモードはオフ……というか、計測したのはかなり前で、当時はまだ提供されてなかったのである。出力信号は1080p。うちに4kテレビなどというものはないのである。4kのプラズマはよ!(絶対に出ません

PS4
(CUH-1000)
PS4 Pro
(CUH-7000)
備考
電源オフ 0 0
スタンバイ 4〜5 3 ・USB端子に給電する(3時間)
・インターネットに接続したままにする
・ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる
・アプリケーションを一時中断したままにする
ホーム画面 76〜81 63〜65
FF15
プラチナデモ
タイトル 130 91〜93
プレイ中 155 108 冒頭の湖のシーンが一番高かった。
ホーム画面戻り 103〜113 74〜82 PSボタン押下。裏でゲームが動いている状態。
torne メイン画面 95 70〜72 ゲームは動かさずtorne単体のみ起動。
動画再生 101 73〜76

 PS4とPS4 Proの消費電力比較

消費電力は概ね2割減ってとこですか。ブーストモードやPS4 Pro対応ソフトだと多分跳ね上がると思うケド…。

ZFSと雖も不意の電源断でデータが破損する事がある

ちょっと前に家鯖が絶不調で、3.5インチHDD×4台のzpoolにアクセスするとフリーズする現象に見舞われていた。そのフリーズたるや生半可なものではなく、電源ボタン長押しすら受け付けず、コンセントぶっこ抜いた上に暫く放置してからじゃないと電源すら入らないというレベル。

すわ、電源ユニットが死んだか!?と思い早速手配し交換すべくサーバを開腹したところ、電源ファン前のフィルタが埃で目詰まりしていた。不調だったのは単に埃のせいで廃熱がままならず、サーマルプロテクションが動いてただけなんじゃないか疑惑。ま、もう電源買っちゃったし交換しときましたがね…。

こんな感じで、HDD×4台のRAID-Zは比較的短期間のうちに5〜6度に渡る不意の電源断にさらされたわけだが、いくら堅牢なZFSとはいえ流石に耐えられなかったようで。回復不能なエラーが発生し、ファイルが1つお亡くなりになってしまった。

$ sudo zpool status -v
パスワード:
  pool: zdata
 state: ONLINE
status: One or more devices has experienced an error resulting in data
    corruption.  Applications may be affected.
action: Restore the file in question if possible.  Otherwise restore the
    entire pool from backup.
   see: http://illumos.org/msg/ZFS-8000-8A
  scan: scrub repaired 0 in 64h6m with 2 errors on Sun Mar  5 06:42:20 2017
config:

    NAME         STATE     READ WRITE CKSUM
    zdata        ONLINE       0     0     2
      raidz1-0   ONLINE       0     0     4
        ada5p1   ONLINE       0     0     0
        ada4p1   ONLINE       0     0     0
        ada3p1   ONLINE       0     0     0
        ada2p1   ONLINE       0     0     0
    logs
      mirror-1   ONLINE       0     0     0
        ada15p4  ONLINE       0     0     0
        ada11p4  ONLINE       0     0     0
    cache
      ada11p5    ONLINE       0     0     0

errors: Permanent errors have been detected in the following files:

        /zdata/path/to/broken_file.wmv

scrub中にも電源断が起こったため、このような残念な結果になってしまったのだろう。初回scrubが出来ていれば、恐らくデータが壊れることはなかったと思う(個人的な経験に基づく推測)。

幸いにして死んだファイルはあ〜ん♡な動画だったため大した影響はなかったが、バックアップの重要性を考えさせられる良い機会となった。……とは言ったものの、個人でTBレベルの現実的なバックアップって難しいんだよなぁ。HDDにせよLTOにせよ、その都度引っ張り出してくるようでは面倒になってその内バックアップしなくなるのは目に見えてるし、かといって繋ぎっぱなしじゃバックアップの意味が薄れるし。流行のクラウドは容量も然る事ながら、自分の管理外の場所にデータを置くってのが信用できないし。

あ〜ん♡データの維持もなかなか大変である。

再配達で他の郵便局窓口での受取指定にした荷物は「送付→保管中」になる

郵便の再配達で「他の郵便局の窓口でお受け取り」を選択した場合、配送履歴は「最寄局・最寄店送付」を経て「保管中」となる。

受け取る事ができるのは保管中になってからである。「送付」は受取指定したところまで配送中という意味なのでお間違えの無きよう…。なお、2017年2月7日現在の情報なので、遠い未来でこのページを見てる人は要注意。

国際書留には追跡番号がついてるのに、再配達は「お知らせ番号」で管理されてるのは何でなんだろう?二重管理で面倒なだけな気がしてならない…。

start.txt · 最終更新: 2016-05-07 17:46 by decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0