このページの翻訳:
ソースの表示
最近の変更サイトマップ

久しぶりに口唇ヘルペスがやってきた(4年ぶり4度目)

一昨日、季節外れのA型インフルエンザを発症するも、受診のタイミングが良かったのか或いはたまたま軽症で済んだのか、ともかくイナビル投与により今朝の時点でインフルの症状はほぼほぼ無くなって喜んでいたのも束の間、忌まわしき口唇ヘルペスの野郎が出てきやがった。本当に免疫力が落ちたのを見計らって発症するんだな…!4年ぶり4度目の再開である。わーい、うーれしー。

今回は自覚症状が現れてから4時間程度でヘルペシアクリームを塗ることができたが、初めに痒みを感じた時点では「脱水によるあかぎれかな?」としか思わず鏡を見なかったのが悔やまれる。その時確認してれば、もっと早く対処できたのに…。加えて、使ったクリームが前回の残りで使用期限がとうに切れているという。医薬品は用法・用量を守って正しく使いましょう。もちろん自己責任で。とりあえず効いてはいるようなので大丈夫でしょう。

随時、経過は下表に追加していく予定。

経過日数 状態
0日目 多少赤いポツポツの状態。塗布直後から痒みはなくなる。
1日目 とびひしないようマスクを着けて寝たのが裏目に出たのか、ほっぺに5カ所の水膨れが発生。そこそこ頑丈な膨れでヘルペスっぽくなかったが、一応クリームを塗布。唇の方は早くもかさぶたになりつつある。
2日目 唇は時間とともに良くなっているようではあるが、特に大きな変化は無し。ほっぺは水膨れ状態から変化なし。
3日目 唇はかさぶた状態。大きく口を開けると引っ張られて痛い。ほっぺは水膨れが潰れ血栓状態に移行。どちらも間もなく治りそうな雰囲気。
4日目

ところで、インフルさんですけどね、微妙に流行ってるらしいっすよ。時を全く同じくして会社で2人発症したし(そのメールを見て自分もインフルかもと思った)、診てもらった先生も別のインフル患者が来たと仰っていた。

実のところ、1ヵ月程前から隔週で発熱と治癒を繰り返しており、いよいよ変な病気に罹ったかと思って受診を決めたのが時系列としては先。結局のところ、先だっての発熱は多分普通の風邪で今回はインフルになったわけだけど、実は人生初インフルだったりする。少なくとも検査を受けて正式に判定が出たのは初めて。でも、症状からするに今までも罹ったことがあるような気もする。

インフルに罹ると、高熱に凄い頭痛に関節痛にトイレに行くのも辛い程の倦怠感に襲われるそうだが、今回は全くそんな事はなかった。熱は最高で38.5℃とそれなりに出たけど、むしろ寒気は普通の風邪より少ないくらいで、関節も別に痛くなかった。日曜日はそこそこ怠かったが翌日は自転車に乗って病院行ける位には元気だったしで良く分からん。自分から感染ったと思われる人(マジサーセンw)は、典型的な発症の仕方してるし結構個人差があるのかしら?

リトアニアからの郵便物(国際書留)が1か月ほどかかってやって来た

昨年末、eBayでThinkPad T450s用のキーボードを購入した。送料入れて一番安かったのがリトアニアのセラーで、ヨーロッパからの荷物は初めてだったので、今後の参考用に荷物の追跡ログを貼っておく。

状態発生日1) 配送履歴 取扱局 県名・国名
2018/12/31 13:12 引受 LITHUANIA
2018/12/31 18:12 国際交換局に到着 VILNIUS PSD LITHUANIA
2019/01/02 04:10 国際交換局から発送 VILNIUS PSD LITHUANIA
2019/01/22 01:56 国際交換局に到着 川崎東郵便局 神奈川県
2019/01/23 09:00 通関手続中 川崎東郵便局 神奈川県
2019/01/23 03:00 国際交換局から発送 川崎東郵便局 神奈川県
2019/01/23 07:36 到着 最寄りの配達局 東京都
2019/01/23 11:02 お届け先にお届け済み 最寄りの配達局 東京都

「国際交換局から発送」以降、国内に入ってくるまで(まぁ当たり前ではあるが)全く状況が更新されず不安な日々だったけど、1か月弱で何とか到着。荷物も無事だった。Standard International Shipping扱いだったので、もうちょい早い到着を期待していたが叶わなかった。ヨーロッパはヨーロッパでも東欧だからこんなもんかしら?

1) 海外で発生した場合は現地時間

PayPay不正祭り巻き込まれ?au WALLETクレジットカードが不正利用された

自分のメインクレジットカードであるau WALLETクレジットカードが、不正利用の憂き目にあった。幸い、怪しい決済はシステムに引っかかってオーソライズされなかったので金銭的被害はないのだが、カードの再発行と各種支払い情報の書き換えを行わなければならなくなった…。サンキュー、ファッキン犯罪者!

今にして思えば、ことの発端は昨年末。NTT-X StoreでPCパーツを購入しようとしたら、何度やっても決済が通らないようになっていた。そこまで高額な買い物ではなく多少訝しくは思いながらも、この頃は別口で高額決済が続いてたし、PayPay祭りもあったし、不正利用判定が厳しくなってる?たまたまNTT-X Storeの調子が悪い?くらいに軽く考えていた。他の加盟店では何ら問題なく使えてたしね。

年が明けてからも、NTT-X Storeで使えないのは相変わらず。でもDELLで20万円超のサーバの決済は通るし、ヨドバシ通販なんかも問題なしでイマイチ良く分からん状況だった。

ところが、1週間ほど前、別の通販で決済が通らなくなった。ここも以前は使えていた所なので、流石に何かがおかしいとコールセンターに電話した。平日のサポセン営業開始と同時に掛けたので、すんなりとオペレータが出た。かくかくしかじか状況を話すとオーソリティセンターへ取り次がれ、そこでまたカクカクシカジカ話すとカードの状況が確認され、セキュリティ状態が高くなってた事が判明。ひとまず不正判定の閾値を下げてもらい、件の店で決済も通ってめでたしめでたし………とはならなかったんだな。

それから数日してオーソリティセンターから電話が掛かってきた。いわく「怪しい履歴があるので確認したい」と。

で、センターのおねえさんが挙げる取り引きの身に覚えのないこと!冒頭で述べた通り、全てシステムでブロックされて被害はないものの、自動車関連と思しき店、ポ○パレモール、じ○らんで利用を試みた形跡があった。じ○らんに至っては金額まで上がってるから、どこぞに旅行する気満々だったんだろう。つーか、全部国内での決済だし、旅行申し込みで個人情報入れなきゃいけないし、この犯人もしかして馬で鹿…?容易にアシが付きそうなもんだがね。ついでにPayPayでも使おうとしたらしい。

なんかカード決済が通らなくなり始めた時期といい、例のPayPayでクレカ情報無限試行祭りに巻き込まれたんじゃないか疑惑。証拠は一切ないけどさ、状況的にねぇ…。とりあえずハゲは逝ってヨシ。なお、カードのブランドはマスターカードだ。

それはそうと、不正検知システムってどういう理屈で不正かどうかを見分けてるんだろうね。自動車関連、ポ〇パレでは使ったことないけど、じ〇らんは昨夏に使ったし他に交通系の決済もしたことがあるので「こいつは旅行なんぞしない」という単純判定は出来ないのに、見事に弾いてくれた。逆に、割としょっちゅう使ってるNTT-Xは誤爆しちゃったけど、同時期にDELLの高額決済は通ってるわけで。とはいえ殆どの正規決済は問題なく、不正決済はすべて弾いたのでかなりの精度と言える。門外不出のノウハウが詰まってるんだろうけど、かなーり気になる。

ドリキャス発売20周年なのでスクールネットエクスペリメンタルについて書いてみる

今日はセガの最後にして愛すべき家庭用ゲーム機、Dreamcastの発売20周年記念日だそうだ。ちょうどいい機会なので、いつか書こう思いつつ手付かずだった「スクールネット・エクスペリメンタル」について書いてみようと思う。

まず初めに。
このソフトを持ってる人、店売りで値段付かなかったからって処分しちゃ駄目だよ!
極めて貴重なソフトなので後生大事にするか、しかるべき人に譲渡してください。

スクールネット・エクスペリメンタルは、2000年に実施されたインターネットとドリームキャストを用いて家庭と学校を繋ぐ、という趣旨の実証実験および、実験用ソフトのことである。全国10校の小・中学校が参加したらしい。ドリキャス界隈では、まさに知る人ぞ知る幻のソフトとして、その名を見ることができる。インターネット上には数えるほどしか情報がなく、レアすぎて価値がつかない代物である。この記事によってソフトの価値が暴騰するのは本意ではないが、このままでは失われた歴史になりかねない。よって、幸運にも実験に参加出来た者として、いちゲーマーとして、そしていちゲーム開発者として、当時のことを記したい。

我が中学校(以下、我中)でスクールネット・エクスペリメンタルが実施されたのは、おそらく2000年のことである。記憶が大分曖昧で2001年だったような気もするが、現存するネット記事を信じるなら2000年のようだ。DC版サクラ大戦(2000年5月25日発売)を先んじて予約購入し、DCが来る日を待ち望んでいたのは鮮明に覚えている。実のところ、自分は既に高校に進んでおり、まだ我中生の妹の世代が対象だった。

我中は1学年160~80人ほどの規模なので、配布数は教職員含め600台(枚)程度と考えられる。その他関係者含めても、ソフトの生産数は1000枚はないんじゃないかなー。ちなみにGD-ROMはちゃんとプレスされてるヤツ。当時の生徒へのツテがあれば、ソフトの入手は比較的容易だろう(そのツテが難易度高いわけだけど…)。

同年春ごろ、我中卒業生の間で「我中の全生徒にドリキャスが配られるらしい」という噂がにわかに立った。その後の経過は覚えてないが、噂がほぼ確実となって、ゲーマーとしてはまさに棚からぼた餅状態。当時は「なんで我中が!?」と思ったのだが、今にしてみればIT教育推進モデル校的な指定を受けていたのだろう。自分の在校時にも、視聴覚室が突如リニューアルされi386な黒TownsからPentium II 266MHz搭載の最新鋭FMV+ネットへの常時接続(恐らくISDN)&LAN環境が導入され、時の内閣総理大臣橋本龍太郎氏とビデオチャットするなんてイベントが催されたっけ。(余談だけど、同学年に総理と同性同名のヤツがいて橋龍と橋竜の奇跡の対談だー!とかバカなことを言ってた。)

ドリキャスが配布されたのは確か夏前で、もしかすると夏休みに入るタイミング。保護者説明会から戻ってきた親の手には

  • ドリームキャスト本体
  • ドリームキャストキーボード
  • スクールネット・エクスペリメンタル
  • isao.netアカウント情報

が入った大きな紙袋が…!スクールネットへの接続もそこそこに、待ちに待ったサクラ大戦専用機化したのは言うまでもない。夏休み中は笑っていいともを見てからのサクラ大戦三昧の日々だった。

肝心のスクールネット・エクスペリメンタルの方はと言うと、ソフトの中身は恐らくドリームパスポートのカスタム版で、何度かお知らせメールが来たり、BBSへの掲載があった程度だったと思う。お世辞にも活用されていたとは言えない。まぁ、当時のネット事情を考えれば、それもやむ無しというか成るべくして成ったというか…。当時の一般家庭のIT環境は、PCがアーリーアダプタの域を抜け1家に1台になろうとしていた感じ。地方都市にもADSLが普及し始め、古くからのネットユーザーはテレホタイムからの開放・常時接続・高速性に狂喜乱舞する一方で、一般的にはインターネット?なんじゃそりゃ?という時代である。検索エンジンはディレクトリ型のYahoo、ロボット型のInfoseek、ぁゃιぃ海外サイトならAltaVistaを使い分け、ときにはFTP検索も駆使し、Googleなるものが凄いらしいと評判になっていた。

こんな感じであるからして、PCより簡単とはいえ、DCでのネット接続もそれなりにハードルが高かった。自発的にスクールネットへダイヤルアップ接続し、情報を取得しなきゃならないんだから、保護者世代にはなかなか難しかったのではなかろうか。各家庭へサポート部隊の派遣があったわけでもないので、一度も繋ぐことなく、ただのゲーム機化した家庭も少なくないと思う(下手すりゃ売られて親の懐に入った可能性も…)

かく言ううちでも、使うのは自分だけ。今だから言えるけど、isao.netのアカウントもPCでネットするのに使ってた笑。

そんなこんなで、実証実験は知らぬ間に終わり(なんか学校からプリントが来たような…スクールネット上でも告知があったような……)、晴れてDC一式が自分のゲームコレクションに加わったのだった。

その後、今はなきGAMES'ARKでVGAデミロを購入し、美麗な出力でサクラ大戦2~4を遊び、クレイジータクシーで笑い転げ、連ジとJET SET RADIOにドハマりしてた。連ジはPS2版よりジャギーが少なくてキレイだったなぁ(遠い目。MIL-CDやネオジオポケットの通信ケーブルを使ったアレやコレやからのブロードバンドアダプタ購入など、ドリキャスでは一通り遊ばせてもらったし、本当にいい思い出。

ありがとう、スクールネット・エクスペリメンタル…!

関連情報

北米版宮崎駿作品集BD-BOXの偽物が出回っているらしい

英語勉強のために宮崎駿作品集の北米版Blu-ray BOX「The Collected Works of Hayao Miyazaki」を買おうとしてるんだけど、どうも大量の海賊版が出回っているようだ。eBayは元よりメルカリやAmazon.co.jpでも“未開封新品”が販売されている。

正規品は2015年11月17日発売で、Amazon.com専売商品として希望小売価格249.99ドルで販売されていたらしい。当然ながら既に在庫はなく、日本国内から北米正規品を買うのはかなり困難だと思われる。2018年9月現在、12000円前後で新品未開封として販売されているものは、全て偽物と考えてよいだろう。

reddit解説動画によれば偽物の見分け方は結構簡単で、以下の部分に着目すれば良いそうだ。

  1. パッケージを囲んでいる映画フィルム装飾が宮崎監督キャラ(ブタのやつ)に被っていたら偽物
    • 本物はTHE COLLECTED〜の題字の真下に来るようになっている。
  2. 未開封パッケージ裏面に同フィルム装飾が見えたら偽物
    • 本物はボックスカバー紙(CDの帯カバー的なやつ)の下を通ってるので、見えるはずがない。
  3. 内側のディスク収納ケースが外側ボックスの中央に格納されていたら偽物
    • 本物はブックレットの厚みの分、左寄りになっている。
  4. 偽物はディスクの収納が雑。ディスク保護のビニールがはみ出している。
    • 本物はきちんとケース内に収まっている。

他にもシュリンクラップ(商品を覆ってるビニール)の形状が違うとか印刷物の色味が違うとかあるみたいだが、上記の特徴がわかれば十分かと。文字で説明すると何のこっちゃだが、映像を見れば一目瞭然なので、上記サイトの一読をオススメします。

ジブリの北米版Blu-rayは正規版が単品16ドル程で買えるので、微妙な値段で海賊版を掴まされないように気をつけよう!

参考サイト

start.txt · 最終更新: 2019-08-19 11:45 by Decomo
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0